自業自得が招いた退職

転職

前回は、前職で管理職に就けたものの、プレッシャー等に押しつぶされてしまい、自ら白旗を上げたところまでを綴りました。今回はその後、退職に至るまでを綴ります。

私はこうして32年間勤めた会社を辞めました
私は今から6年前の50歳手前で会社を辞めてしまいましたが、32年間も勤めた会社を辞めることになる最初のキッカケまでを綴ります。

自業自得

本社勤務となった半年間は期間限定の事務仕事に従事した。

数字の目標は無く、境遇が似た諸先輩方が周りにいたので、毎日が夢のように楽しかった。

また、社食が美味しすぎたせいもあり、異動直前に激ヤセして減った体重は半年で9キロも増えてしまった。

しかしそんな夢のような日々は束の間、翌年明けから畑違いの仕事に就くことになった。与えられた仕事は社員の給与計算のための入力業務と新卒者採用の業務だった。

これが大きなプレッシャーとなった。

あれだけ疲弊した店舗から出られたのだから畑違いの仕事でも喜んで従事するべきだったが、PCスキルの全くない私には辛い毎日が続いた。人並みのPCスキルが備わっていなかった為、仕事内容と自分の力量とのギャップに日々苦しんだ。

結果、異動した翌々年に個の力不足を理由に、本部に来て3年半という短い期間でまた店舗に戻ることになった。

本部の仕事はほとんどが分業体制なので、個の力が周りからよくみえる。

あの時に白旗を上げたことが、それまではフォーカスされることがなかった自分の悪い部分を悪目立ちさせる結果を招いてしまった。

しかし仕事内容はこれまで従事してきたことと畑違いのものではあったが、やりようはあったハズ。主体的に動かなかった自業自得の結果だった。

もう工場には戻れないし、戻りたくもない。

『ならば一念発起して営業をやってみるか。』

前職は、他の職種からでも営業職を志望した場合は、ほぼ100%希望通り就くことが出来たのだ。

慣れない営業生活

自ら営業職を志願し、翌年明け短期集中の営業研修を経て店舗へ配属された。

仕事内容は平日の日中、自転車で販売テリトリーに入って営業活動を行い、週末にお客様を店舗に呼び込んで商談をし、商品を買って戴くというもの。

初月こそ実績は無かったが、2-3月は優秀な上司の協力もあり、まずまずの実績を上げることが出来た。。
しかし良かったのはここまで。人事異動があり、公私にわたってお世話になっていた上司が異動して、代わりにやってきたのは、工場時代のあの上司だった。

4月こそ実績は残せたが、ひとたび数字が落ち込むと容赦なく叱責された。それは周りのスタッフも同じこと。だんだんと職場の雰囲気が悪くなっていった。

気持ちを切り替えて奮起しようとしたが、やらされ感がどうしても先に立ってしまう。
勤怠は工場に居た時にまた逆戻りした。むしろ更に悪化して、帰宅したら午前0時をまわっていたことも度々あった。

行き場を無くして今度こそ退職を決意(この決断は正しかったのか)

そんな状況が半年以上も続き、またも心身共に疲弊していったが、自分からはもう白旗を上げたくはなかった。
しかし連日のように追い込まれることに嫌気がさし、再起する力もとうとう失せ、最後は力無く自ら土俵を割った。

退職手続日が決まる直前に、本部勤務時代の担当役員と別件で面談した際、今ならまだ戻してやれるみたいなことを言われ涙が出るくらい嬉しかったが、丁重にお断りした。営業職を志望して本部を出る時、多くの人に激励の言葉を戴いた手前、生き恥をさらして本部に戻る選択肢は私には無かった。

唯々早く辞めたいの一心だったので、次の仕事を決めないまま、有給休暇の消化もしないまま会社を去った。結局、営業職は1年も持たなかった。

今さら考えてもどうにもならないことではあるが、いまだに時々、この退職をした決断は正しかったのかと自問自答することがある。

現職は前職と比べ、非常にワークライフバランスが優れている。
残業は強制ではなくて申告制だし、休みは確実に週休2日で取得出来、有給休暇まで消化させて戴ける。

まあその分、完全な事務職であることと、高いスキルがあって再就職したわけではないことから給料は下がったが。(そのせいで妻にもパートに出てもらうようになった。)

逆に今でも前職に居たらと考えると、収入の面は心配事にならなかったかもしれないが、命を落としたか、更に歳をとってから土俵を割って、就職先が無い状況になっていたかもしれない。

ハードな仕事だったので、体調を崩すか精神を病んでしまう方がホント多かった。事実、営業職で私に良くしてくれた方が次々と倒れていった。

私よりいづれも若いのに、白血病を患った方(後年に職場復帰)、医者にかかった時は病の進行が早く手遅れで亡くなった方、精神を病んで休職していた折、様子を見に行った親族に亡くなっているのを発見された方。

いくら収入が良くても志半ばで逝ってしまったら元も子もないと思う。そう考えると退職をした決断は正しかったのだと思う。(つづく)

タイトルとURLをコピーしました