世帯年収を維持し続けるために必要なこと【実録】

生活

前回は、転職後6年が経過して定年がみえてきたが、子どもたちが大学を出るまでは何とか世帯収入を維持していかなければいけないことを話しました。

副業でアフィリエイトは始めたものの、安定した収益を得るにはまだまだ時間がかかりそうなので、もっと現実的なプランを考えてみました。

3つの選択肢

世帯収入を何とか維持していくために、いま私が考える選択肢は下記の3つになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プランA:今の会社で頑張って良い評価を戴き続けて、60歳以降も継続雇用してもらう。

プランB:現職は60歳で定年退職し、通勤が近い所で正社員職に就く。(就きたい。) 通勤が近い所で働くことで現職よりも私は早く帰宅出来る分、(現職は通勤が片道1時間40分。)  妻との家事分担は私の方を多くする。

プランC:近所で短時間のバイトに就き、それ以外の時間は自宅で出来る仕事をする。(例えばネットショップ経営、アフィリエイトブロガーなど。)  このケースでは私が家事のほとんどを担当する。

妻には大変申し訳ないが、各プランとも妻は正社員で働いてもらう構想である。
そうやって世帯年収を最低でも現状維持していきたい。

 稼ぎたいと思うならこの考えじゃ無理、いつやるの? 今でしょう。

アフィリエイトのために始めたブログは1年半になります。記事数こそ200を超えたが、収益は全く伴わない、小遣い稼ぎにもなっていない現状だ。

月に1回のゴルフ代を捻出する為の、そんな小遣い程度の報酬でいいのならば、今のままのやり方でも近々で実現出来るかもしれないが、うちはもっと上を目指さなければならない。

現在の世帯年収を維持し続けたいと願うなら、もっと真剣に現状を直視し、具体的な行動を起こしていかないといけないだろう。


現職に就いていられるのも原則あと4年を切った。
現状に満足している場合ではない。
私はある程度年齢がいってから子供に恵まれた、”一般的な”お父さんではないのだから。

タイトルとURLをコピーしました